• じゅんこさん

川崎大師と浅草観音初詣


【川崎大師】

http://www.kawasakidaishi.com/

厄除け大師として知られる真言宗智山派大本山金剛山金乗院平間寺(通称:川崎大師)

【なぜ川崎大師がオススメなのか!?】

「初詣といえば川崎大師」 といわれるほど、毎年300万人もの参拝者を集める大人気のお寺です。 東京近郊に有名寺社は多数ある中で、なぜ神奈川県川崎市の川崎大師がオススメなのでしょうか?

まず (´∀`艸)

“厄除に絶大な効果がある”といわれる、「護摩」を焚いてもらえる

「護摩(ごま)」とは簡単に言うと“炎の力で煩悩を焼き尽くすという”真言宗や天台宗の密教の祈祷なのです。

次に (´∀`艸) 初詣発祥の地

江戸時代までは一家の主人が家を代表して、年末から元旦にかけて地元の氏神様に泊まりこむ(年篭り)という習慣がありました。

それが泊まり込みをせずに年末と元旦に分けてお参りするようになった元旦参りが初詣のはじまりといえます。

かつては『元旦参り』や『恵方参り』と言われていましたが、ここ川崎大師から『初詣』という言葉が定着していったようです。

さらに (´∀`艸)

出店や仲見世で参道が盛り上がっている

初詣は、新年に新たな決意を報告したり先年のお礼参りをしたりという宗教行事ですが、今や大勢人が集まる一大イベントです。 でしたら賑やかで出店もたくさんあって、有名なところがご利益も期待できそう!と思うのは当然ですね。

川崎大師では参道や境内にびっしり出店がならびます。 境内の出店では椅子/テーブルが置かれた屋外居酒屋のような店も豊富です。

もちろん通常の仲見世でも、大師名物の達磨や咳どめ飴、葛餅などをいただくことができ 達磨は、干支をあしらったものや可愛いキャラクターものもあるので、探してみてください。

からの (´∀`艸)

人口が密集している首都圏にあるから

首都圏にあるという立地、これが一番の理由とも言えますね。

理由は他にもいろいろあると思いますが、庶民の間に広く深く浸透した御大師様への信仰がもとになっているのではないかと思います。 川崎大師は真言宗智山派の関東三大本山の一つで、真言宗の祖・弘法大師を本尊に仰いでいます。

年の初めに心機一転足を運んでみてはいかがでしょう!

٩( ´◡` ) 続きまして ( ´◡` )۶

【浅草観音】

http://www.senso-ji.jp/

【浅草は何が魅力なのか?】

「浅草観音寺」という名称で、人々の信仰の中心地として栄えてきた浅草寺。

雷門をくぐり、にぎやかな仲見世通りを通過すると目の前に現れる本堂。

観音さまが安置されているこの場所には参拝者が長い列を作っています。

観音とは「観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)」の略で、人々の苦しみを除いたりお願いごとを聞いたりしてくれる慈悲深い仏様のことを指します。

本堂外陣からは観音さまが安置された御宮殿(ごくうでん)を拝見できます。 ※観音さまの像は「ご秘仏(ごひぶつ)」と呼ばれ、信仰上の理由で公開されていません。

浅草寺では、胸の前で合掌して「南無観世音菩薩(なむかんぜおんぼさつ)」と唱える参拝方法が推奨されています。

まずは ʅ(‾◡◝)ʃ 東京で日本を一番感じられる場所

雷門から浅草寺までの「浅草仲見世商店街」を歩いていると 「扇子」「箸」「はちまき」「団子」「せんべい」さらには「刀」や「かつら」などなど 元祖日本の商品が山のようにあります。

海外の人が面白そうにお土産を選んでいる光景もふくめ ただ歩くだけで昔ながらの日本の雰囲気を感じれる事が浅草最大の魅力であると仲見世商店街から感じることができるでしょう。

次に ʅ(‾◡◝)ʃ

浅草寺の迫力に圧倒

雷門から通りを抜けると、バァーーーン!と浅草寺が目に入ります。 人混みを抜けるといきなり大きな建物が出てくるのですから大迫力です。 是非ともそこに現れる『煙』を全身に浴びてください。

さらに ʅ(‾◡◝)ʃ

スカイツリーに近い

すぐそばにはスカイツリーが出来たことによって浅草は観光地としてワンランク上がったといえます。 浅草観光しながら巨大なスカイツリーを見るのがたまらない! という方もずいぶん増えています。

そして ʅ(‾◡◝)ʃ

江戸っ子の人柄

浅草といえば“下町”そして“江戸っ子の人柄” とにかく明るい!元気!話しただけで笑顔になるでしょう。 『元気がでる街』としても名高いので元気をいただきに足を運んでましょう。

数に限りがございますので

ご予約はお早めに!!

32回の閲覧0件のコメント

© 2018 (株)とりで旅行センター All Rights Reserved.